まちゃ生誕祭その1

2005/09/04 〜事の起り〜

The★獣のどぅーさんとLoftでブラブラしていた所、
他愛も無い話からこの一大ミッションが生まれる。



「アヤコさん!もうすぐまちゃさんの誕生日じゃん! 何か物をあげよう!
大きくて邪魔で何の役に立たないけれど捨てられない物とか!」

「うお、そうか!それは祝わな祝わな!ちょうどいい、今から
何か大きくて邪魔で何の役に立たないけれど捨てられない物を 探そう!」

ちなみに余談であるが「友情」ではなく「笑い」のみで繋がっているこのメンバー
(まちゃどぅー、URさん、KJさん)からワタクシの元に届いた誕生日祝いはこちら


さて。
何をあげたものか。

・抱えるほどの大きさもあるミラーボール
「2万…高い。却下。」
・うんこの形をした帽子
「面白いしヤツにはお似合いだけど一瞬で終わるよね。却下。」
・サッカーボールの気ぐるみ
「うーん、なんだかねー、イマイチだねー。却下。」


ウロウロ


グルグル


「いやもう大体さ、自分らで作ればいいんだよー。」
と、流石は美大卒のどぅー。
家具を見に来たLoftで片っ端から「これなら作れる」とか、伊達に言っちゃいない。

「そうか、作ろう作ろう。それなら材料費だけでいいもんね!
手作りだよ!愛情こもりまくりだよ!」
まちゃの性格からして手作りのプレゼントを断ったり捨てたりということはまず無い。

これしかねぇ!

「そうだ!等身大パネルとかどうよ!映画館とかCD屋に置いてあるような。
ヤツの大好きなお笑い芸人の!!!」

《完成イメージ図》


これしかねぇ!

早速構想を練る我々。血湧き肉踊る。
作品のコンセプトは
『大きくて邪魔で何の役に立たないけれど捨てられないし収納も不可能なもの』。
実に愉快だ。

《完成イメージ図》

ガッチリはめ殺し!解体不可!

で、

↓どぅーさんと材料

厚さ7mm程のボードがここに3枚。これを組み立てて、B紙に絵を描いた物を貼る。

こいつは楽しくなってきた!

でもとりあえず今日はここまで。
残りのメンバーにも声をかけて2週間後の休みに制作開始。


…まちゃの誕生日終わってるけど。


《続く》












広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー